㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画

これもだいぶ前になりますが(今見たら一ヶ月前でした 汗)、六本木ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHTで行われている㊙展に行ってきました。

今までの色んなDMやポスター

みたことあるものや、行った事がある展示会のものもあって懐かしい気持ちに。

壁3面がスクリーンになって制作過程を映し出していました。

遠くから見たら、くるくると回るところに照明があたり、わあ綺麗だなという感じです

が、近くで見ると、うわっこれ凄い、こんなふうになってたのね…といった感じで張り付いて見てました。

㊙展のポスターにもなっているヤクルトの模型。何気なく見ていたこの形。飲みやすく、持ちやすく、美しいこの形になるまで試行錯誤されたのですね…!

松永真さんのこのスコッティのデザイン

コンペの条件を無視して提出して優勝。ビックリしました。このときのお話が載っている記事も見つけました。

「スコッティ」は決められたルールよりも自分を信じてデザインしました

隈研吾さんの高輪ゲートウェイ駅舎の模型

何度も何度も細かく試行錯誤して作っている過程が見られました。

すごい量の殴り書きの紙の上にあり、その見せ方も面白かったです。

㊙展は5/10(日)まで

新型コロナウイルス感染拡大防止で3/12までは全館休館のようですが、好評につき会期が延びたようです。
気になる方は是非(^^)

開館直後の10時に行くか、ランチ食べてからがオススメです。
じっくり見てしまってお腹が鳴るので(笑)←私のことです…

コメント

タイトルとURLをコピーしました